MENU

コラーゲンの効果とサプリメント

コラーゲンには、様々な効果があります。体内の約30%がコラーゲンと言われているので、とても重要なタンパク質になります。コラーゲンは体内のあらゆる場所に存在していて、内臓や血管、肌などの臓器の形を保つ働きがあります。また、細胞間の隙間を埋めて細胞同士を結合する働きがあります。コラーゲンの効果としては、肌のシワやたるみ,乾燥などを予防する美肌効果があります。また、関節の軟骨が少なくなってしまうことで起きる関節炎の予防や改善効果、そして骨粗鬆症の予防効果などがあります。コラーゲンが加齢によって減少すると、体全体のハリがなくなります。そうした時、コラーゲンをサプリメントで摂ると効果的と言われています。ただ、コラーゲンの分子量は約300,000あるので、サプリメントから摂っても、人間の体は吸収できません。そのため、サプリから摂ったコラーゲンはそのまま吸収されることはないので、有効性が疑問視されていますが、コラーゲンを食べると体内のコラーゲン合成が活発になることが最近の研究でわかってきました。コラーゲンを摂ると、コラーゲンを合成するためのアミノ酸が増えるので、コラーゲンが活発に作り出されるという見解があります。