MENU

サプリメントと健康食品について

最近サプリメントの人気が高まっているようですが、健康食品とはどう違うのでしょうか。サプリメントの意味は補うもの、つまり健康補助食品という意味があります。サプリメント大国であるアメリカでは法律でサプリメントの位置づけがきちんと決められています。アメリカでは、健康食品と薬品の間にあるものとしてサプリメントを定義づけています。アメリカのサプリメントでは、ハーブ、ミネラル、ビタミン、アミノ酸などを一種類以上含んでいなければなりません。栄養補給が使用用途であること、パウダー、カプセル、錠剤など見た目の形状が食品とは違っていることも条件の1つです。日本でもサプリメントというと、ビタミンやミネラルなどの不足しがちな栄養を補う目的の健康補助食品として形もカプセルや錠剤を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。健康食品とは自然界に存在するものの中で健康に良いと思われるものから、発酵、乾燥、抽出などの方法で成分を抽出したものというイメージかもしれません。形状は錠剤やカプセル、液体だけではなく普通の食品の形状でも使われます。健康食品とは体にいい食品、というはっきりしない定義づけです。健康食品とサプリメントは、日本で施行されているの法律では区別はされていません。健康食品とサプリメント、明確な線引きがないままに日本では食品として扱われています。