MENU

ビタミンサプリメントの天然成分と人工成分について

ビタミンのサプリメントといっても、いろいろと商品が販売されていてどれを購入すれば良いか迷う事も多いと思います。ビタミンに限らずサプリメントは、天然成分と人工成分の2種類の成分があることはよく知られていることです。天然成分と人工成分のサプリメントの違いとは何なのでしょうか。レモンやイチゴなどの果物や、野菜類にはビタミンが含まれているといいます。普段から口にしている食材を原材料に、ビタミンを抽出することが可能です。自然界に存在しているものから作られるものが天然の成分です。私たちが普段から食べているものを原料としているので、飲んだ時に吸収が良いというのがメリットです。ビタミンのサプリメントの中で、人工成分による商品もあります。人工成分の場合は化学的に合成されたもので、合成化合物とも言います。合成によって製造したビタミンは天然成分ではないため、摂取しても体内に吸収されづらいというデメリットがあると言われています。ただし、合成成分のサプリメントは、とても安く商品をつくることができます。天然成分も、合成成分も、いい部分とあまりよくない部分とがあります。各々の効果を認識した上で、ビタミンサプリメントを選択してみてください。