MENU

酵素の酵母の働き

酵素の酵母の働きは、重要で、生きたまま腸に届けてくれるのが、酵母菌の働きです。そして、相性の良い乳酸菌が善玉菌のはたらきを活性化し、酵母菌の酵素がデトックス作用を高めるのです。酵母というのは、真菌類の総称を指し、酵母菌が酵素を出して糖質を分解する役割を果たしています。つまり、酵母は酵素になくてはならない存在なのです。酵母は、酵素で分解した糖質を取り込んで炭酸ガスとアルコールに分解するので、糖質の取り過ぎを気にする人に不可欠の成分です。酵母は食生活に密接な関係があり、有機物の糖分をアルコールと二酸化炭素に分解するという酵母の働きを利用して作られたものに、パンやお酒があります。酵母は、健康にもとても好影響を与えるもので、沢山の酵素が含まれていて、味噌、塩辛、納豆などの発酵食品に多く含まれています。酵母は生き物ですが、とても小さく、約5〜10ミクロンほどの大きさで、単細胞を持った菌類です。細胞内の核に遺伝子情報を持つ真核微生物で、キノコやカビの仲間になります。酵素は、生命活動を維持するのに欠かせないもので、体内では消化酵素が食物を消化し、栄養素を吸収する為に働いています。また、体内には代謝酵素があり、生命活動に大きく関わっています。